美容皮膚科ですから、「見た目」「外見」をよくする処置、指導をさせていただきます。でも、何のために「見た目」をよくしたいか?人に「きれいね」と言ってもらうためではありません。自信を持って人生を歩むため、いきいきと生きるためですよね。「自分をもっと好きになる」その一つの手段として外見があると考えます。

 美容皮膚科が始めて、という方にも、わかりやすく、施術の内容や効果などお話しいたします。もちろん大事な費用についても。貴女にとって一般必要なものは何か、一緒に考えていきましょう。

赤ちゃんの頃、若い頃のベビースキンに戻り、「すっぴん」ですごせるようになります


 基礎化粧品やレザーフェイシャルなどで素肌を整えると、くすみ、シミは気にならなくなりますが、「このシミさえなければ・・・」と気になるのがありましたら、一気にとることができます。


 顔の老化は「皮膚の老化」だけではありません。骨と筋肉が減ってきて、顔全体の印象も老けさせてしまいます。シミ、たるみはこのために生じます。
 これを対処するのが、ボトックス・ヒアルロン酸注入です。


「ムダ毛、ひげの日々のお手入れが面倒」「お肌を傷つけたくない」そんな人には脱毛がオススメです。


 漢方では、人間の体は「気(キ)」「血(ケツ)」「水(スイ)」からできていると考えます。あなたの体にあった漢方薬で「冷え」、「肌トラブル」を治していきましょう。



元気のないとき、疲れているときに効果的です。


 栄養素は食事から摂るのが基本です。でも、それでも足りないものは、サプリの手助けを借りましょう。千佳子院長も飲んでいるサプリをおすすめします。



 美しさを求める時、もっとも大切なのは笑顔だと考えます。あなた自身の美しさが最も輝くのは、人をひきつける笑顔、表情を見せる時です。